• トップ

葬儀での常識とマナー

親族の参列が常識の従来の葬儀

家族葬で葬儀の常識が変わる

葬儀は、故人の家族の他に親族が弔問及び参列するのが常識とされてきましたが、現在では家族葬や直葬、0葬などの非常に簡素で小規模な葬送方法が主流になりつつあります。家族葬は、故人の家族だけで通夜及び葬式、火葬を行う葬儀ですが、弔問客及び参列者が非常に限られている上に、会葬状やお誘いの無い人は基本的に参列及び弔問に訪れないのが常識とされています。その為、香典や花などを贈るのもマナー違反とされています。家族葬は、新しい葬送方法なので大人の嗜みとして、マナーをしっかりと把握し恥をかかない様にしておく必要があります。

訃報を受けた時の親族の常識

訃報を受けたらまずどうしたらいいでしょうか。それは故人や遺族との付き合いの様子で違ってきます。親しい友人や近い親戚はできるだけ早く弔問に駆けつけます。知人、会社の関係なら迎える準備のできたお通夜からです。連絡があった時にお悔やみを伝えたら確認することがあります。お通夜と葬儀の日にちと時間、葬儀の場所、宗教です。駆けつける時は準備していたように見える喪服は着ません。地味めならそのままの服装や普段着でもかまいません。急ぐので香典も持って行きません。一般的にはお悔やみを述べたらすぐに失礼するようにします。

↑PAGE TOP