• トップ /
  • 葬儀での常識としての電報

葬儀での常識を知ろう

葬儀での常識としての電報

出席できない葬儀には電報を

家族や近い親族が亡くなったときには万障繰り合わせて葬儀に出席しますが、遠い親戚だったり、それほど親しくない知人の場合には仕事の関係などで出席できない場合があります。そういった場合に弔意を伝えるには弔電を打つことが常識です。電報は郵便局で扱っていますが、郵便局まで行かなくても電話やインターネットから申し込むことができます。その際には喪主になる方の名前、通夜や告別式が行なわれる場所を確認しておきましょう。最近は家族葬が増えるなど家族や身近な人達だけで行なう葬儀が増えています。弔意を伝えたいならそこに出席するよりも電報を送るほうが遺されたご家族の気持ちに沿う方法かもしれません。

葬儀に知っておくべき常識

親しい人の不幸というのは悲しいものです。そういった場合では葬儀に参列する機会もあるものです。そこでどのように準備をして当日ふるまうようにすればいいのかということを知っておきたいものです。通常、参列をする際の服装としてブラックフォーマルを準備するようにします。男性は黒いネクタイにタイピンはなし、女性は黒いストッキングにします。そして香典を相手との関係性で準備するのですが、香典袋は薄墨で記入するようにしましょう。そして葬儀の時にお悔やみの言葉とともに受付で提出することになります。遺族への挨拶もするようにしましょう。

↑PAGE TOP