• トップ /
  • 葬儀に持っていく香典と常識

葬儀マナーの常識とは

葬儀に持っていく香典と常識

葬儀の香典に気を付けること

香典は亡くなった人を弔いたいと思う気持ちを表したものです。お通夜は遺族が夜通しで故人を弔うため、参列者は告別式に参列していましたが、最近では仕事の勤務時間との兼ね合いで、夜に行う通夜のほうに参列する人が多くなりました。そのためにお通夜に持参する人が増えています。お通夜と葬儀の両方に参列する人はその地方の習慣に合わせます。西日本は葬儀に、首都圏は通夜に出すのが常識です。香典袋はコンビニエンスストアでも手に入ります。水引は関東が白黒か銀、関西が黄白です。表書きは宗派によって違いますので事前に調べておきます。遺族には中袋が渡されますので、お返しの手間を考えて名前や住所、金額も書いておくのがマナーです。金額は友人や仕事関係なら5千円から1万円、近所なら3千円から5千円が目安です。

昔ながらの葬儀での常識

誰でも、人生の中で1度や2度は葬儀に関係するときがでてきます。その中でも、増加するのが社会人です。日本には、昔ながらのさまざまなマナーが存在しています。特に冠婚葬祭には、してはいかねいとマナーは多くあります。一番悩むのは、葬儀と結婚式の日取りが重なるときです。結婚式への招待は、何か月も前からわかっていますが突然あるのがお葬式です。このときには、不幸を優先させるのが正解です。嬉しいことは、後からでもまた何回でもお祝いをすることができます。しかし、不幸なことはすぐに駆けつけて悲しみを和らげるようにするのが大事です。

↑PAGE TOP